ガールズバーのすゝめ

徹底比較! ガールズバーとキャバクラ

同じ夜のお仕事とはいえ、ガールズバーとキャバクラには給料や接客方法に関する違いがかなり多い!
それは私の実体験から来てる話でもあるんだよねw
元々私は夜の仕事に興味があって、大学入学してすぐキャバクラで働き始めたんだけど、全然長続きしなくて2ヶ月くらいで辞めちゃった。
しばらくは居酒屋とかで働いてたんだけど、やっぱり夜の仕事の高時給には魅力を捨てきれなくてw
そんな時に思い切ってチャレンジしたのがガールズバーのバイト。

結果的に言うと、ガールズバーの仕事はかなり私の性格に合ってて、今は大学生兼ガールズバー店員を2年ほど続けてます!
働きやすくて、給料が良くて、仕事も結構楽しく感じられて、自分で言うのもなんだけど学校もバイトもプライベートも、うまく両立できてる♡
去年の夏休みには友達とちょっと豪華なサイパン旅行にも行けたし♪

どうしてそんなにガールズバーの仕事が続いてるの?ガールズバーってどんな人に向いてる?
そんな疑問に対して、このサイトでは私の実体験を通しつつお答えしていこうと思います!
まずはキャバクラとガールズバーの違いについて。
給料とか仕事内容とかの違いを比較しながら紹介していくね♪
夜の仕事が気になってる人の参考になれば良いな!

時給

まずは時給から。ガールズバーもキャバクラも、時給はそのエリアによってもちょっと違うんだけど、私が働く池袋のガールズバーは時給2000円スタートで、頑張りに応じてちょっとずつ時給が上がっていくシステム。
どこもそんなもんなんじゃないかな?
他のエリアも合わせて、都内のガールズバーの時給は時給2000円〜2500円くらいのところが多かったし。

対して、同じ東京都内のキャバクラの平均時給は2500円〜3000円くらい。
私も正直、最初はこの高い時給に魅力を感じてキャバクラの仕事を始めた(^ ^)v・・・まぁ、結局すぐ辞めたんだけどねw
その理由は追い追いに話すとして、まぁ、給料だけ見ればキャバクラの方がかなり高い!
東京以外でも、時給の相場は違うだろうけどガールズバーよりも時給が高いことに変わりはないかな!

接客

接客について。ガールズバーもキャバクラも、夜の仕事が気になってる女の子は行ったことがない人が多いと思う。
どっちも似たようなところでしょ?そう思うかもしれないけど、時給に差があるってことは、接客内容にかなり違いがあるんだよね。

キャバクラはお店の中で、お客さんの隣に座ってお酒を注いだりおしゃべりしたり。
ソファで隣同士で座るってことは、肩や手が触れることもあるし、時には店外デートをすることもある。
お客さんがお金を払うのは「キャバ嬢に接客してもらってる時間」っていう捉え方をする人が多いね。

逆にガールズバーはカウンター越しにお客さんのお酒を注いだりおしゃべりしたり。
お客さんと肌が触れることもないし、店外デートをすることもほとんどない!
お客さんがお金を払うのは「ガールズバーという空間で過ごす時間」っていう捉え方になるね。

働く際の服装

働く時の服装もキャバクラとガールズバーではちょっと違う!
キャバクラはテレビやドラマでのイメージ通り、ドレスと夜会巻き。
アクセサリーも高級ブランドのものを使って、メイクもめちゃくちゃ濃い。
開店時間前にヘアメイク担当のスタッフが、ドレスに合わせてヘアメイクをしてくれたりするところが多いかな。

対して、ガールズバーの服はカジュアルなところが多い!私服OKっていうところもあるし、バーテンダー風の白のシャツとベストっていうお店もあるよ。
中にはコスプレが制服っていうお店もある!

ちなみに私の働いてるお店の制服はメイド服。
池袋っていう土地柄もあるんだろうけど、コスプレガールズバーは全国的に見てもかなり増えてる♪
オタク文化が浸透してきてるからかな?
だからヘアメイクをしたり、バイトのためにメイクを変える必要もなし!
準備は着替えだけだからいつもシフトギリギリの時間に出勤してるw
特に、秋葉原のガールズバーにはこういったコスプレ・オタク系のお店が多いよ。

営業時間

営業時間もちょっと違うけど、ここはお店の経営によってガールズバーでもちょっと違うみたい。
一般的にはキャバクラは午後8時〜午前1時まで、ガールズバーは午後8時〜明け方まで営業してるところもあるかな。

キャバクラとかは「風営法」っていう法律を守らないといけなくて、風営法では午前1時〜午前6時までは営業してはいけないって決められてる。
だからキャバクラは午前0時〜午前1時までに閉店するんだけど、ガールズバーは少し違って、居酒屋と同じような区分だから風営法を守らないといけないっていう規則もなし!

だから午前1時以降も営業できるんだけど、接客にある程度制限があって、キャバクラみたいにお客さんの横に座って至近距離で接客しちゃダメなんだよね。
ただ、ガールズバーの中には、ちゃんと風営法の届け出をして法律内の営業時間を守りつつ、接客の自由度を上げてるところもあるよ。

仕事内容の違い

営業時間でも少し触れたけど、仕事内容にもキャバクラとガールズバーには結構違いがあるから、ここではその違いについてそれぞれまとめていきます!
営業時間の違い、接客方法の違いと合わせて、仕事内容の違いについても知っておいてね。

ガールズバーの仕事内容

ガールズバーの仕事は、バーカウンター越しにお客さんとおしゃべりをしながらカウンターの中でお酒作りをする、ただそれだけ。
でも、お客さんにお酒をおごってもらえることもあって、その時は自分のお酒を作ることもあるよ。
好きにお酒の濃さを自分で調整できるから、酔わない程度にお酒も飲めるのが楽しいところだね♪

お客さんからの人気を取るために店外デートしたり、営業時間以外の時間に個人的に連絡を取り合って営業をする必要もなし!・・・
まあ、あくまで私が働いてるお店では、の話だけどw

カラオケやダーツのマシンが置いてあるところでは、お客さんと一緒にカラオケしたりダーツをして遊ぶところもあるみたい。
自分の人気が給料に大きく反映されるわけじゃないから、どちらかというと接客はお店のスタッフ一同でのチームプレイっていうイメージかな。

引用:http://girlsbar-66.com/recruit.html

キャバクラの仕事内容

キャバクラでもお客さんとお酒を飲みながらおしゃべりをするっていう部分ではガールズバーと変わらないけど、お客さんの隣に座って接客する点ではかなり違う!
作るお酒も水割りだけっていうところも多いから、あくまでお酒を作ることよりもお客さんとおしゃべりをすることの方がメインになってるね。

キャバ嬢自身の人気が売り上げに関わるから、人気や指名を取るために店外デートもするし、営業時間以外の時間に営業メールを送ることもある。
意外とシフトに入ってない時間も仕事について考えないといけないことが多いのが特徴だね。
だから、キャバクラはガールズバーとは違って個人戦!
個人の人気がそれぞれの給料に繋がるから、結構裏ではギスギスしてることも・・・(ー ー;)

ナイトワークが初めての人はガールズバーで働くのがおすすめ!

結局のところ、ガールズバーとキャバクラをまとめるとこうなるね。

  • ガールズバー:ナイトワーク業界では時給は少し低めだけど、シフト以外の時間は大して何もしなくて良いし、接客もチームプレイ。
  • キャバクラ:給料は高くて高収入も狙えるけど、シフト以外の時間に営業したり、接客も個人戦で人気が給料に直結する。

私は昼間は学生として大学に通ってるから、正直シフト以外の時間もバイトのこと考えないといけないっていうのはかなり辛いんだよねw
それに、簡単に書いてるけどキャバクラで他のキャバ嬢を押さえて人気を取り続けるって高度なテクニックが必要。

初心者で人気を取り続けるのは難しいから、チームプレイで接客するガールズバーの方が断然おすすめ♪
だからナイトワークで収入を得たいって思ってる人はいきなり歌舞伎町のキャバクラから始めるんじゃなくて、新宿のおすすめガールズバーから始めて夜の仕事の接客スキルを磨いていくっていうのも良いんじゃないかな。