表裏一体! ガールズバーで働くメリットとデメリット

ガールズバーで働くメリット

ガールズバーで働くことのメリットは以下の5つ!

  • 昼の仕事よりも時給が高い
  • バイト中に喋っていても怒られない
  • 様々な職種の人と知り合うことができる
  • 自分の都合に合わせて働くことができる
  • おしゃれを楽しみながら働くことができる

ここではこの5つについて、キャバクラをたった2ヶ月で辞めたガールズバー店員兼大学生の私が説明していきたいと思います♪
当サイトでは、ガールズバーに向いている人と向いていない人についても紹介していますので、こちらの記事もぜひご覧ください。

昼の仕事よりも時給が高い

まず、昼の仕事よりもずっと時給が高いこと!
ガールズバーの平均時給は都心でだいたい2000円〜2500円くらい。
他のアルバイトに比べて時給が高いことは、学生の限られた時間で稼ぎたい人にとってはかなり魅力的に見えるんじゃないかな?

しかも時給に加えてドリンクやフードによるバックが上乗せされるお店がほとんどだから、頑張れば頑張るだけバックで稼ぐことができたり、時給を上げてもらえる可能性だってある!

そうした頑張りが時給に反映されやすいところも、ガールズバーで働くメリット。
とは言え、この時給はナイトワーク業界全体で見れば低い方で、キャバクラやクラブになるともっと高くなるんだけどねw

バイト中に喋っていても怒られない

他のアルバイトだと、お客さんや同僚の女の子とおしゃべりをすると怒られることもあるよね(^ ^;)
でも、ガールズバーはむしろお客さんとおしゃべりすることがお仕事!

だから、おしゃべり好きな人にとっては天職なんじゃないかな?
それに、お客さん以外でも、同僚の女の子同士で仲良さそうに雑談する様子もお客さんから見れば好印象になることも。
とにかく周りの人と仲良くしゃべることが時給に繋がるから、怒られるどころかどんどんおしゃべりして良いよ!っていうスタンスのお店が多いんだよねw

様々な職種の人と知り合うことができる

お店に来るお客さんは様々な職種の人がいて、普通のサラリーマンはもちろん、飲食店で働いてる人や、有名企業で働いてる人、果てはどこかの会社の社長なんて人もいる!

そういういろんな職業の人と知り合うことができれば、それがきっかけで転職先が見つかったり、新しい出会いに繋がったり。
ガールズバーでの出会いがいろんなことに繋がることだってある!
純粋に、自分の知らない、関わりがなかった職業の人の話を聞くのって新鮮で面白いよ♪

自分の都合に合わせて働くことができる

例えば試験期間はシフト少なめで、長期休みに入ったらたくさんシフトを入れたい!
この週は旅行に行きたいから何日か休みが欲しい!
・・・などなど、自分の都合に合わせて自由にシフトを決めて働くことができるっていうのもガールズバーで働くメリットだね。

もちろんシフトの自由度についてはお店によりけりな部分もあるからあらかじめ確認は必要だけど、中には「完全自由出勤制」って言って、その日の気分で好きな時間、好きなだけシフトに入ってOKっていうお店まである!
シフトが自由なお店を選べば、昼間の生活に合わせてかなり楽に稼げるっていうのも、ガールズバーで働くことの大きなメリットだね♪

おしゃれを楽しみながら働くことができる

基本的にどこのガールズバーも、服装・髪型自由、ネイルOKみたいなところがほとんど。
だから自分好みのおしゃれを楽しみながらガールズバーで働くことができる♡

キャバクラみたいに派手な髪色やメイクをしなくて良いところもあるし、ネイルも自分好みでOK!
ガールズバーの中には、近くのネイルサロンや美容院を格安料金で利用できるところもあるから、そういうおしゃれに関する待遇面からお店を選ぶっていうのもおすすめ。

ただ、コスプレ系のガールズバーの場合はコスプレに合わせてある程度おしゃれに制限が出てくるところもあるから、制服ありのガールズバーを選ぶときは気をつけて。
例えばメイド服が制服だから、金髪ベリーショートとかのボーイッシュすぎる髪型はNGとかね。

ガールズバーで働くデメリット

逆に、ガールズバーで働く上でデメリットもあるんだよね。それがこの3つ!

  • 帰宅時間が遅くなる
  • 酔っぱらいの相手をしなければならない
  • 生活リズムが崩れやすい

正直夜の時間に働くガールズバーの仕事だからこそ、苦労する面はあるよね(^ ^;)
私もガールズバーの仕事自体は楽しいって思えてるし、給料にも仕事内容にも文句はないけど、最初は大変だったところもあるし、今も苦手な仕事はあるw
そんなガールズバーで働いていて苦労するところについても知っておこう。

帰宅時間が遅くなる

まず、帰宅時間が遅くなる!
そりゃあ、ガールズバーは深夜営業だからねw

でもキャバクラとかの他のナイトワークに比べても、特にガールズバーは帰宅時間はかなり遅くなって、解散が明け方になることもしばしば。
と言うのも、キャバクラとかクラブは風営法を守って午前1時くらいには閉店しないといけないんだけど、ガールズバーは営業時間に法律上の規定がないから、極端な話24時間でも営業できるw

それに、お客さんがお金を使ってくれるなら閉店時間を過ぎても開けておこうっていうスタンスのお店が多いから、お客さんの入りがよければ帰宅時間は規定よりもさらに遅くなることだってあるんだよね。

酔っぱらいの相手をしなければならない

酔っ払いの相手は正直めちゃくちゃ面倒くさい・・・
酔っ払ってお触りされたり、しつこく口説かれたり。やんわりかわしても引き下がらないお客さんもいるから、そういう時はもう大変!
ストレス溜まりまくるし、変に機嫌を損ねられてトラブルに発展したら余計に面倒だし。

時には飲みすぎて潰れちゃったお客さんを介抱してあげないといけない羽目になる。
たくさん飲んで欲しいけど、酔っ払って潰れられるのはやめてほしい・・・なんて、わがままな要求かなw

生活リズムが崩れやすい

最後に、生活リズムが崩れやすいこと!
深夜の時間に働くから昼夜逆転生活になりかけることもしばしば。特に学校があるとなおさら睡眠時間が取りづらくなっちゃうしね(^ ^;)

特に学校生活と両立しないといけない人にとっては、最初は大変に思えるかも。
うまく睡眠時間を取る工夫をしておかないと、ガールズバーでのバイトか学校の授業どっちかに支障が出る!
生活リズムは崩れやすいけど、それを整える努力が必要不可欠だね。