とにかく幅広い! ガールズバーの客層

ガールズバーで中心となる客層は20代後半~30代後半

ガールズバーはそこで働く女の子の平均年齢も低いけど、お客さんの平均年齢も夜のお店の中では結構低いんだよね。
っていうのも、ガールズバーはキャバクラやクラブに比べたらかなり料金が安いから。

ぼったくりのお店を選ばなければ、居酒屋にちょっと毛が生えた程度の料金のところが多いから若いお客さんが来ることも多いんだよね♪
この記事では、そんなガールズバーの客層事情についてお話ししていこうと思います!(^ ^)

お客さんの主な年齢層はだいたい20代後半〜30代後半くらい。
自分で自由に使えるお金がある程度ある人や、サラリーマンが飲み会の二次会や仕事帰りに来店することが多いかな。
その客層について詳しく紹介していくね。

下は学生~50代と幅広い層のお客さんが来店する

主な客層は若いサラリーマンだけど、中には大学生や専門学生のお客さんも来るよ。
夜のお店に興味がある、女の子と出会いたい、しゃべりたいという人まで様々だけど、学生のお客さんのほとんどが「興味本位」っていうことが多いね。
学生のお客さんが来ることは結構多くて、私も現役大学生だから接客しやすい♪

で、上は50代くらいのお客さんが来店することも。中には私のパパより年上のお客さんが来ることもあるしw
キャバクラやクラブで遊べるくらいのお金の余裕はあるけど、それでもガールズバーの雰囲気が好きで若い頃からずっとガールズバーで遊んでるっていう猛者のお客さんも中にはいる。

まぁ、単純に奥さんに財布の紐を握られてて、自由に夜のお店で遊べるお金が限られてるっていう人もいるけどねw
でも、年配のお客さんの方が同じお店にずっと通ってくれるから、顔なじみのお客さんも年配の人がかなり多くなるよ。

キャバクラより客層が若いのも特徴

一方で、キャバクラの客層はだいたい30代〜40代くらい。
キャバクラの方が料金は高いところが多いから、それを支払えるだけのお金を持ってる人がキャバクラに集まりやすい。
だから、夜のお店の中では比較的料金が安いガールズバーに比べると、自然と年齢層は高くなるんだよね。

年配のお客さん1人1人と密接に関わりながら接客する方が得意なら、キャバクラの方が向いてるかもしれない。
けど、若いお客さんと友達感覚でワイワイ楽しみながら接客する方が得意、性格に合ってる人ならガールズバーの方が向いてる!
だから、客層の違いから自分の性格に合ってるお店を選ぶのもおすすめです♪