バイトしたい人必見! ガールズバー面接マニュアル

ガールズバーのバイトの面接を受ける前に知っておきたいこと

ガールズバーのバイトを始めるときに、まず受けるのが面接。面接を受けないことには始まらないよねw
夜のお店は就活の面接に比べれば採用率は高いことは明白だけど、それでも必ず受かる、というほどではない。
ちゃんと受けないと落とされる可能性も捨てきれないんだよね(^ ^;)

幸い私はガールズバーの面接も1発合格したけど、どんなことに気をつけるべきで、どんな子が採用されやすいのか。
実際、私が今働いてるガールズバーの店長に聞いてみました!仲良しなんです、ふふふ♪

面接をするときのお店も本音も合わせて、ガールズバーの面接事情について紹介していきます!
「可愛い子しか働けないんじゃ?」「ガールズバーの人ってなんか怖そう・・・」
そう思う人も多いかもしれないけど、実は全然そんなことないんだよねw
ガールズバーのバイトを始めようと思ってる女の子はぜひチェックしておいてみてください♪

ガールズバーで働いている女の子は美人ばかりではない

まず最初に、ガールズバーで働いてる女の子は特別美人とか、特別可愛い子ばっかりじゃない!
私だって、特別可愛いわけじゃないしねw

私が言うようなことでもないけど、正直めちゃくちゃ可愛い子はガールズバーでなくても、キャバクラとかクラブでも十分人気が出ると思う。
対してガールズバーでは、特別可愛い子を集めたいっていうよりは、若い女の子とはしゃげる空間を作りたいっていうのがお店側の本音。
だから可愛くなくても、美人でなくても、明るくてお客さんとも気さくに打ち解けられるようなコミュニケーション能力があるかどうかの方を重視してることが多いんだよね。

常連のお客さんを増やすためには、見た目より中身。
お客さんが一緒に話していて楽しいと思える女の子を集めたいと思ってるから、美人かどうかは正直あまり重要視されない!
もちろん、ちゃんと化粧できるか、髪型を整えられるかとか、清潔感のある身だしなみかどうかは見られてるけどね。

緊張しているのはお店も一緒

面接の日の気分について店長に聞いてみると、「どんな子が来るんだろう、そもそもちゃんと面接に来てくれるのかな、とかすごい緊張してるw」とのこと。
正直、ガールズバーの面接に行く女の子側はめちゃくちゃ緊張してると思う。

でも、緊張してるのはお店も一緒で、どんな子が来るのか、そのお店で働いてくれるかどうかドキドキしてるっていう人がほとんど!
夜のお店は求人に応募してから怖気付いちゃう子とか、面接がそもそも面倒くさくなって来ないっていう子も結構いるみたいだしね。

面接がある日は店長が裏で無駄にうろうろしてたり、窓の外眺めてるのをよく見るよw
まぁ、そこはうちの店長が特殊な(?)だけかもしれないけど、実際緊張してるのはどこのお店の店長も変わらないんじゃないかな。
だから、緊張してるのは面接を受けに行くあなただけではない!
その気持ちで行けば多少緊張や不安はほぐれるんじゃないかな?

面接ではありのままの自分を見せることが一番大切

面接を受けるコツとして、変にコミュ力の高い自分を取り繕おうとすると、逆にボロが出ちゃう。
だから、面接ではありのまま、自然体の自分を見せるのが一番大切♪

もちろんガールズバーで働けるだけの最低限のコミュ力があるかどうかは見られてるけど、緊張してることはお店側もわかってる!
だから変に取り繕おうとして変な空気になってしまうよりは、自然体で、緊張してることも包み隠さず面接に臨む方がお店側の印象としては良いんだよね。
面接にドキドキしてる初々しい女の子、それってすごくお店側から見たら自然で可愛く見えるし。

面接やガールズバーで働くことに対する不安があるなら、最初に質問しておいた方が絶対に良い!
不安や聞いておきたいことがあるなら、それを包み隠さずに最初に全部聞いておけば、ガールズバーで働く上での不安も少しは取り除くこともできるだろうし。
働いてみてから何か違った!そう思う前に、ちゃんと不安なことは面接のうちに聞いておいた方が良いね♪

ガールズバーの面接で必要な持ち物

ガールズバーの面接で必要な持ち物は、基本的にはこの3つ。

  1. 免許証などの身分証明書
  2. ペンとメモ帳
  3. 体入で必要なもの(あれば)
①の身分証明書は、体入でもお金を出して働くときには法律上必要なものだから、絶対に必要!
持っておけばその日のうちに「今日ついでに体入していく?」って言われてもすぐに対応できるから、面接だけのつもりでも持って行っておいた方が良いね。
②のペンとメモ帳は、仕事内容や質問した内容をまとめておくときに便利。
正直、面接のときに聞きたいことが緊張して飛んでしまう可能性もあるから、先に質問自体をメモにまとめておくのもおすすめ。
お店側としても、面接のときに質問したことをメモする子はかなり真面目で好印象に見える!
③の体入に必要なものは靴とかハンカチとか。
その日のうちに体入することも決まってたら、あらかじめお店に体入で必要なものを聞いておくのが良いかな。
制服ありのガールズバーの場合でも、例えば靴や靴下は自前じゃないと行けないとかもあるしね。

ワンピースやスカートなど女性らしい服装で面接に行くのがおすすめ

最後に、ガールズバーの面接のときの服装について!
ガールズバーの面接は私服でOKだけど、ワンピースとかスカートとか、絶対女性らしい服装がおすすめ。
というのも、ガールズバーはボーイッシュな女の子より、女の子らしい女の子を求めてるところが多いから!

キレイめのワンピースやスカートのコーディネートが無難。
いつもよりおしゃれに気を使った方がお店から見ると好印象に見えるよ。
それに合わせて、メイクとか髪型も念入りにセットして可愛い自分を演出できれば、面接で落とされる可能性はかなり低い!
ガールズバーの面接を受けるときは、身だしなみを一番に気をつけて(^ ^)v

おすすめの志望動機【まとめ】

最後に、ガールズバーの面接では「なんでここで働こうと思ったの?」って志望動機を聞かれることも。
ぶっちゃけ、ガールズバーを始め夜のお店で働くときは志望動機なんて「お金」と答えたい人がほとんどだろうけど、それだけじゃお店側としてはちょっと不安。

ちゃんとガールズバーで働きたい理由を答えれば「この子なら頑張ってうちの店で働いてくれそう!」と志望動機が採用の一番の決め手になる可能性もあるから、志望動機についても考えておいてね♪

「ナイトワークに興味があって応募しました」

「ナイトワークに興味があって、その中でも雰囲気が良さそうだったこのお店を選びました」

そんな風に、もともと夜のお仕事に興味があったことを伝えれば、お金よりも仕事にやる気を出してくれそう、と思って採用しようと思うお店が多い!
ちなみにこの志望動機、私が今のガールズバーで働くときに言ったことそのままなんだよねw
店長はこの志望動機を聞いて「お金とか、稼ぎたいから応募したっていう人が多い中、ガールズバーの仕事そのものに惹かれて来る人はレアだから結構驚いた。

でも仕事内容をある程度調べてきてくれてるみたいだから長く働けそうだな、と思ってかなり好印象だったよ。」とのこと。
やっぱり、夜のお店で働きたいって少数派なのかな?
まぁ、ナイトワークそのものに興味があったことは嘘じゃないけど、興味を持ったきっかけはお金なんだけどねw

「学費を自分で稼がなきゃいけない」

「専門学校に行くための学費を自分で稼がないといけないので、効率よく稼げるガールズバーを選びました」

実はこの理由、結構多いらしい!確かにナイトワークなら学校がない時間に働けるし、時給もかなり良いから学費を稼ぐのにぴったりだよね。
ガールズバーは店外デートや営業メールを送る必要もキャバクラに比べるとかなり少ないから、学業との両立もしやすいし。

「ナイトワークをしてたくさんのお金を稼ぎたい理由が明確だから、ちゃんと働いてくれそう」と、店長側もこの理由には安心感があるみたい。
もちろんこの理由の人全員が長続きするっていう確証はないけど、「たくさん稼ぎたいから」「贅沢したいから」っていう理由よりは安心感があるよね。